本文へ移動

品質管理監査

品質管理監査制度

全国統一品質管理監査制度の経緯

全国生コンクリート工業組合連合会では、購入者からの信頼性を高めることを目的に、1995年12
月、レディーミクストコンクリートの品質管理の透明性及び公正性を確保し、品質保証体制の確立
を図るため、経済産業省、国土交通省等の指導を得て、第三者機関として、産・官・学の体制から
なる全国生コンクリート品質管理監査会議(以下、全国会議)を発足、1996年には、産・官・学の体
制からなる奈良県生コンクリート品質管理監査会議(以下、地区会議)を設立し、1997年から全国
共通の「全国統一品質管理監査基準」、「レディーミクストコンクリート全国統一品質管理監査チェッ
クリスト」に基づき、レディーミクストコンクリート工場の立入り監査が開始された。

監査制度のしくみ

全国会議が生コンクリート業界からの要請に基づいて、実施しているものであり、全国会議と地区
会議とから構成されている。監査は、2名の監査員が工場に立入り、統一した基準に基づいて、
「経営資源の確保状況」、「配合設計管理」、「製造工程管理」、「材料及び製品の品質適合性」な
どについて監査するものである。
監査制度全体の仕組みを図-1に示す。

平成30年度 品質管理監査合格工場

TOPへ戻る